クレジットカードの審査

クレジットカードの作成は誰にでもできるものではなく、クレジットカードを使用するに相応しい人かどうかを判断する審査に合格して、初めてクレジットカードを手にする事が出来ます。
クレジットカードの審査内容は名前や、現住所、固定電話か携帯電話の電話番号、勤務先の会社名と勤続年数、職種、会社での役職、年収、居住年数、持ち家、賃貸マンションなどの居住形態を、入力する事で行うのですが、この内容に不備があったり、虚偽の内容を入力してしまうと審査に受かりません。
特に他のクレジットカードを使用している場合には、個人信用情報機関に使用状況などが記載されていますので、虚偽の内容はすぐにバレてしまいます。

しかし、クレジットカード会社の審査では、勤務する企業規模、社内での役職、職種や年齢などを元に判断しますが、この内容は本人の申告内容を元に審査を行います。
その為、年齢と年収がありえないほど離れているなど明らかにおかしい内容以外は、自分の申請した内容での審査になりますので、この部分に虚偽の内容があると審査に受かりませんので、性格に入力するようにこころがけてください。
このように、クレジットカードを申し込む場合には、審査に通過しない可能性も考えられますので、誰でも簡単にクレジットカードを作成できるといったわけではありません。
そこでこのサイトではクレジットカードの審査に合格するコツや、審査に落ちてしまった場合の行動、クレジットカード会社の土日祝日の審査状況について説明していますので、これからクレジットカードを作成しようと思っている方は、是非チェックしてみてください。